研究テーマ

ライン



1.新しいコンピュータの研究
  コンピュータは通常プログラムが組み込まれてはじめて動作可能になり,そのプログラムの指示に従って精度の高い計算処理などを行う。しかし,従来のそのようなタイプのコンピュータでは処理しにくい最適化問題や超高速制御問題や認識・識別問題などが存在する。そのような問題に対応できる自己学習機能を持った新しいタイプのコンピュータの開発を目指す。


2.新しいネットワークシステムの研究
  ネットワークシステムは高度情報化社会に不可欠な基本技術である。携帯電話やインターネットが急速に普及し,交信されるデータ量が爆発的に増え続けている。これまでに蓄積されてきた技術では解決できない新たな問題の解決,さらに新しい機能を実現するために,これまでにない新しい技術が要求されている。このような状況において,その一翼を担うべく高機能・高効率で安全なネットワークシステムの技術開発を目指す。


3.コンピュータとネットワークを活用した教材の研究
  授業の中で用いる教材やさまざまなプレゼンテーションに,いろいろな種類のメディアが活用できるようになってきている。特にインターネットを用いた方法が注目されており,生涯教育や遠隔授業など幅広く活用されている。従来は,教材の内容を単純に一方的に提示したり,レポート提出関連の処理が中心になっているが,当研究室ではICT(Information and Communication Technology)を活用して,双方向に対話する感覚で臨場感があって学習意欲の湧く理解しやすい学習が可能となるような教材の開発を目指す。さらにICTを活用して,さまざまな種類のデータを対象に登録・閲覧・検索するシステムの開発活用を目指す。当研究室では教育学部のシラバス掲載システムを開発し運用したことがあり,さまざまな分野に実用的な題材を求めたPBL(Project Base Learning)を行っていく。


4.環境問題と環境教育教材の研究
  私たちはこの地球に生まれ生活している。自分たちの生活によって生活環境を悪化させるとしたら,それは見直さなければならない。環境に関連しては多くの情報が氾濫しているが,その全てが正しく伝えられているとは限らない,と思われる。そんな環境問題を私たちの身の回りのことに関連した基礎的なデータを基に考察して,環境教育のあり方を考える。環境に関わるケーススタディを積み上げ,生産活動・流通活動や日常の生活習慣などに目を向けて,環境教育の教材開発を目指す。


戻る

ライン