情報基礎研究室 授業の部屋 

- 学部 -

ライン

技術科教材演習A
  情報機器を積極的に活用する。また,情報科学のトピックに触れるなどして,情報を科学するのに必要な基礎を養成する。

情報基礎B    講義内容
  コンピュータの歴史,情報の表現,コンピュータの構成と動作の仕組みを学習する。また,ノートパソコンを用いた演習を通して,統合ソフトなどの実践的使用法とプログラミングの基礎を学ぶ。

情報基礎実習  講義内容(旧版)
  本実習では,まず基礎的なデジタル回路の実習を行い,マイコンの構造を理解していく。次に,マイコンのプログラミング技法を学び,さまざまな制御への応用をプログラミング実習を通して修得する。

情報応用
  コンピュータの各構成要素の詳細を学び,コンピュータの動作を深く理解する。また,様々なコンピュータの構成やコンピュータネットワークについても学習する。

情報応用実習
  ネットワークプログラム言語としてPerlを学習する。Perlを用いたCGIによるインタラクティブでダイナミックなホームページの仕組みを解説する。Web教材を構築するために必要となる基本的な手法について述べ,実習を行う。

プログラミング
  Visual C#.NETを用いて,プログラミングの演習を行う。Windowsアプリケーションプログラムも演習する。

情報処理
  コンピュータを動かす基本ソフトウェアであるオペレーティングシステムの様々な機能を学習し,コンピュータの構成と動作の仕組みの理解を深める。また,情報の定量化を理解し,符号化の手法を学ぶ。

情報システム演習
  ネットワークプログラム言語としてPerlを学習し,Web教材を構築するために必要となる基本的な手法について述べ,演習を行う。データベースの仕組みを学習し,Namazuを用いたデータベースの構築を演習する。

情報化社会と職業
  産業・流通分野,公共分野,家庭・個人生活における情報技術の活用法および情報化社会における法制度などを学習し,情報化社会の職業観,勤労観,コミュニティーを考察する。

教育臨床演習





戻る

ライン